射癖の克服

弓道の基本は理解していても、実際に矢を射る時には様々な問題点が出てくるものです。
そのような自分で修正しにくくなった射術上の課題である射癖を克服したり、矯正する為のヒントになる知識などをお伝えしています。

 

今の悩みの解消の参考になれば幸いです。

射癖の克服記事一覧

会が短いなど、早気でお悩みではありませんか?早気とは、ご存じのように自分の意に反して早くに矢を放つ動作を行ってしまうことを言いますが、弓道家の多くが経験する大変厄介な射癖ですね。ある程度矢を射ることに慣れ、的中もしてくるようになってくると、いつの間にか弓を引き絞って矢を発射する体勢を整える過程である会の時間が短くなり、気づいた時には会を長く維持できなくなり、早気になってしまうことがあります。そんな...

矢が的よりも上や下に飛んでいったり、左右にずれやすいということはありませんか?その原因として、足踏みの射癖があるかもしれません。足踏みとは、射をいる為の土台とも言える重要な動作なので、それが正しく出来ていないと射法八節の一連の動作の全てに影響が出てくるのです。そうなれば的中にも当然狂いが生じてくるので、足踏みの射癖はしっかり直しておくことが大切です。そして、矢が的よりも上に飛ぶようなら、足踏みの足...

手の内の正しい指の形が作れています?弓道の手の内とは、左手で正確に弓を握る動作になり、当然高い的中率に大きく影響してきますね。そして、手の内の正しい指の形は、親指の付け根を中心にして、しっかり弓を支え、中指、薬指、小指の3本の指先がほぼ揃うようにするのが良いとされています。ですが、バラバラで揃っていないと、弓を捻じる力が弱くなって、左手の角見の働きを十分に振るうことができなくなってしまいます。この...

会が安定しない、保てないということはありませんか?会とは、引き分け終わり、身長のおよそ半分の矢束を引き納め、的に狙いをつけ、弦が胸につき、矢が頬についた状態になり、言うなれば離れの準備をするのが会になりますね。その為、頬付を常に一定していないと、狙いを正しく行っても、矢の向きも変わってしまうので、的中させる為にも正確な頬付が不可欠で、その位置や頬への当たり具合を常に同じになるようにしましょう。基本...

正しい胴造りが出来ていますか?簡単に言うと胴造りは、正しい足踏みの上に姿勢を正すということになり、行射(発射)の出来を左右する基本的な構えになります。また、弓に正しく力を伝える為の重要な動きでもあります。胴造りの種類には、反(上体が後ろに反る)、屈(前に上体が屈む)、懸(的のほうに体が傾く)、退(的と反対側に体が傾く)などがありますが、28mで弓を引くには最適な基本となる中(前後左右に片寄らないで...