手の内の指の形

手の内の正しい指の形が作れています?
弓道の手の内とは、左手で正確に弓を握る動作になり、当然高い的中率に大きく影響してきますね。

 

 

そして、手の内の正しい指の形は、親指の付け根を中心にして、しっかり弓を支え、中指、薬指、小指の3本の指先がほぼ揃うようにするのが良いとされています。
ですが、バラバラで揃っていないと、弓を捻じる力が弱くなって、左手の角見の働きを十分に振るうことができなくなってしまいます。

 

 

このような良くない握り方にしている人も少なくありません。
そんな手の内の指の形で見られ射癖にも色々あります。

 

 

例えば、親指の先を曲げて握り込むと、下押しになり矢が下方に飛びやすくなりますし、付け根が浮いてしまうと、弓の力を受けるだけになってしまい親指の付け根で押すことが出来なくなってしまいますよね。

 

 

これは下押しの人に多く見られますが、人差し指と親指の皮ががっちり巻き込まれていない時にも起こりやすいでしょう。
更に、親指と中指が離れていると、弓を支えているだけになってしまいまい、手の内を利かせることが出来ません。
これは、手の内が小さく出来ていないとなりやすいです。

 

 

その他にも、中指、薬指、小指の掛かりが浅いと、左手の角見の働きが不十分になりますし、逆に掛かりが深いと、弓返りが生じにくくなり、離れで手の内を緩めることになりやすくなってしまうでしょう。

 

 

いずれにしても、正しい自然な形に次の動作に移れる手の内にすることで的中率も上がるので、射法八節の基本を知って、深刻な射癖になる前に矯正することが大切です。

 

 

この筑波大学体育会弓道部部長 松尾牧則監修の弓道上達の極意DVDでは、手の内の作り方をアップの映像を交えながら詳しく解説してありますので、初心者はもちろん、的中が悪いと悩んでいる方も非常に参考になるでしょう。

 

正しい手の内を作るには親指と小指の使い方をこうするといい?

 

弓道上達の極意の詳細を見てみる