会が安定しない

会が安定しない、保てないということはありませんか?
会とは、引き分け終わり、身長のおよそ半分の矢束を引き納め、的に狙いをつけ、弦が胸につき、矢が頬についた状態になり、言うなれば離れの準備をするのが会になりますね。

 

 

その為、頬付を常に一定していないと、狙いを正しく行っても、矢の向きも変わってしまうので、的中させる為にも正確な頬付が不可欠で、その位置や頬への当たり具合を常に同じになるようにしましょう。

 

 

基本的には頬骨の下あたりから口割の線の範囲に矢を位置させます。
そんな、会で頬付が付かないようなら、右手のゆがけの位置が体に近づけるようにしましょう。また、発射の恐れから付かないこともあるので、恐怖心をなくすことも必要になります。

 

 

更に頬付の位置が高すぎると、右手が疲労して離れも荒れた状態になり、右手を切り下げるような離れになりやすいです。
逆に、低すぎると緩む離れになり鋭さがなくなってしまいます。

 

 

また、会における正しい肩の位置は、三重十文字が保たれて、両肩の均衡が維持されている状態が良いとされています。
その為、両肩が適度に沈んで、左右の肩の高さに偏りがなく同じになるのが基本です。

 

 

右肩が上がるようなら、右肩に力が入り過ぎている時に起こりやすく、たまに左肩が下がり過ぎて生じることもあります。
左肩が上がる場合は、弓を押すのが十分でなかったり、弓力に負けて生じるケースと、弓を押す意識が反対に強くても生じる場合があります。

 

 

その他にも、右肩や左肩が前に出るのも良くありません。
ただ、会においての肩の不正は、会で気づいても直すのが難しいですし、伸び合いの途切れにつながるので、好ましくありません。
したがって、肩の不正など会が安定しないで悩んでいるようなら、その前段階の引分けの時点で誤りが生じないようにすることが大切でしょう。

 

 

この筑波大学体育会弓道部部長 松尾牧則監修の弓道上達の極意DVDでは、会で悩んでいる人が多いことから、正しい引き分けのやり方と、常に同じ位置で引き分けができる方法が紹介してあり、会が安定することで的中率も格段にアップするでしょう。

 

正しい引き分けのやり方をお教えします!

 

弓道上達の極意の詳細を見てみる