弓道上達の極意を購入して中身をレビューします!

松尾牧則監修の弓道上達の極意DVD2枚組を購入したのでレビューしたいと思います。
この教材は、射術については、日置流西派を基本としています。
行射の基本動作となる射法八節の各動作のポイントや注意点などの解説、練習の仕方、工夫をした練習、道具についてまとめられています。

 

以下が、弓道上達の極意DVD2枚組の中身(収録内容)です。

 

DVD1

 

DVD2

 

DVD1 DVD2

■射法八節
■足踏み
■胴造り
■弓構え
■打ち起こし
■引き分け
■会
■離れ・残身
■徒手練習
■ゴム弓練習
■素引き練習
■巻藁練習
■的前練習(射込み)
■的前練習(立ち練習)
■近距離練習法(1)
■近距離練習法(2)

■工夫稽古
■遅延映像再生システム活用
■弓の素材と性能
■弓の選択方法
■弓の張り方
■弦について
■弦輪の作り方
■中仕掛けの作り方
■張顔の確認と矢番えの位置決め
■握りの工夫
■弓の強さの確認
■矢の素材と性能・矢の選択方法
■矢の長さの決め方
■ジュラルミン矢の切り方と調整
■板付き・筈の外し方
■板付き・筈のの入れ方
■二枚煩擦への変更の仕方
■羽根の浮きの修正
■本矧(もとはぎ、末矧、筈巻の補修
■矢の状態チェツク
■新しいゆがけの使用法
■ゆがけの着用の仕方
■弦枕の保護
■ラストメッセージ

 

DVDを見た感想

映像も鮮明で見やすく、松尾先生の解説もとてもわかりやすくなっていました。
その際には、映像のアップや重要なポイントには、画像の下にテロップも表示されるのポイントコツが掴みやすくなっていますよ。

 

工夫稽古

 

DVDは、初心者の方なら順番に見る教科書的な使い方をすればいいと思いますが、自分の知りたい項目を選んで利用するのもいいかと。

 

 

また、弓道で使われている道具には様々なものがありますが、的中に大きく影響してくるので、そのあたりもしっかり学べるのが良かったです。
例えば、矢のスパイン(たわみの強さ)や太さによっても矢飛びが変わってきますから。

 

 

t的中率を上げるには、矢の選択方法だったり、長さの決め方も必要になりますから、手入れや調整の仕方などを含めて道具の知識も大切になりますからね。

 

 

更に、弓道の練習方法にも色々ありますが、射法八節を確実に習得するためにも、弓と矢を持たずに行う徒手やゴム弓、素引き、巻藁の練習のやり方など、順を追って段階的も解説してあるのも良かったです。

 

 

動きの詳細や指導方法については、各流派により異なると思いますが、基本的な動きは共通だと思うので、DVDの映像を参考にしながら、自分なりの解釈が持てるように繰り返し見て練習したり、指導するうえでの助けになるとても良い教材だと思います。

 

 

ただ、射場への入場・退場など、体配については解説してなかったのは残念でした。
弓道のDVD教材はいくつかありますが、道具などや一本に時間を掛けながら自分の課題を修正していく工夫稽古などの練習方法についてはこの教材が一番かなー。(^-^;

 

弓道上達の極意の詳細を見てみる