弓道上達の極意の口コミ

松尾牧則監修の弓道上達の極意DVDの実践者の口コミや感想をまとめました

 

 

松尾先生は、日本古来の弓術から現代の弓道理論まで歴史を踏まえた形で多くの方に指導をされています。
とは言え、やはり気になるのが実践されている方のリアルな口コミではないでしょか。
そこで、既に学生から社会人、は海外の方まで、多くの方の感想がありますのでその一部を紹介しましょう。

 

 

 (Mさん 女性)

 

松尾牧則先生に大学1、2年生の時にご指導して頂きました。。
大学弓道部に入部する前の高校時代から引きが甘く、馬手の緩みや縮みや縮みの射癖がありました。
先生には弓道の基本を見直すことや、多くの矯正方法を提案していただきました。
特に伸び合い詰め合い離れに関して指導をたくさんして頂き、自分自身の技術向上につながりました。
また、弓具について疑問に思った時には、松尾先生の本を読んだり、また、直接教えて頂き、大変多くのことを学ぶことが出来ました。
今回のDVDも基本技術から練習方法、自分に合った弓具の選び方、管理などについて紹介されており、上達する多くの事を学べことが出来るものであると思います。

 

 (Iさん)

 

弓道が上達するには基本の正しい動作を知って、繰り返し練習を行うことが欠かせません。
ですが、私が通っていた高校でもそうでしたが、十分な知識や経験をもった指導してくれる先生が不在で、先輩が後輩に指導しているという状況でした。
みんなと練習して弓道を上達する為には、基本をしっかり知らないと我流になってしまい、正射必中からは遠ざかってしまいます。
弓具の正しい管理法を知らないまま過ごす学生も多いと感じています。
本を読んで知識を身につけたりしますが、やはり動画を見る方がよりわかるし、理解がより深まると実感しています。
松尾先生が今回監修されたこのDVDでは、技術面のポイントだけでなく、効果的な練習方法や弓道具の選択・管理まで紹介されており、動画で分かりやすく学ぶことができます。
自分の技術向上及び知識を深めたい方から、下級生に指導をしなければならない上級生にもお勧めです。

 

 (Oさん 男性)

 

私は学生時代にコーチとしてご指導を受けていました。
あれから20年以上経ち、社会人として弓道を再び始めた今も松尾先生のご指導をいただいています。。
毎日矢数をかけるのが難しく、平日はイメージトレーニングと素引き、週末などに稽古という形になり、弓道上達のための環境としてはどうしても練習量が不足してしまいがちです。
松尾先生は、普段は筑波大学で学生さんたちの指導をされていますが、社会人に対しても、環境の違いを考慮したうえで、少ない指導時間の中でも直すべきポイントを絞ってご指摘を頂いています。
自分では気づくことが出来ない悪い点や、それをどのように改善していけばいいのかなど、納得しながら稽古を続けています。
日置流印西派の指導者が少ない中、学生時代に松尾先生のご指導を受けられるのはとても羨ましいことだと思います。
初心者だけではなく、部活動の顧問の先生方など、効果的な指導の仕方を学ぶ教材として活用できるまたとないDVDだと思います。

 

以上が弓道上達の極意の口コミです。
弓道は中・高校生から年配者まで、男女を問わず行える武道で、全国各地で多くの大会が開催されています。
弓道が上手くなりたいというひたむきな取り組みに、私自身も多くの刺激を受けます。

 

 

指導されている先生方も、学生に少しでも上手くなってほしいとの熱い思いも伝わってきます。
ですが、その一方で、実践された方の口コミにもあるように、指導する先生がいない為に、どのようなポイントに重点をおいて練習したらいいのか分からず、迷いや不安を抱えたまま活動している弓道部もあるようです。

 

 

指導者がいれば「もっと上手になれるのに」と思っている方もいるでしょう。
また、教える方は変わらなくても、選手は年々入れ替わっていくので、常々学習や研修などをおこなって指導能力に磨きをかけておくことも必要だと思います。

 

 

それには、試合の見学や書籍、DVDなど積極的に弓道に関する情報に接することが大切で、実績のある指導者に面識を得る機会を積極的にもったりすることは指導能力の向上に役立つ筈です。

 

 

松尾先生に弓道に関することなら何でも相談することができます。

 

弓道上達の極意の詳細を見てみる